Original

社内の取り組みの一つ「Unipos」。感謝を送り合い社員同士の繋がりを強めよう

オールハウスでは社員が働きやすくなるために、会社として成長するために、さまざまな取り組みを考えて行っています。今回はそんな取り組みの一つである「Unipos」についてご紹介していきます。


仕事をしていく中で周りの人との関りは必ずあるものです。一人で仕事をしていくことには限界があります。しかし個の力だけでなく、人と人とが繋がって仕事に取り組むことで最大限の結果を出すことも可能です。


そのように人と人とが繋がり支え合うことで私たちの仕事は成り立っているのです。だからこそ常に感謝の気持ちを忘れないことが大切になります。


そんな感謝の気持ちをしっかりと相手に伝えよう、感謝されるような素晴らしいことをした人のことをもっと知ろう。そんな思いから導入されたのが「Unipos」というサービスです。


「Unipos」ってなに?

​​​​​​​

「Unipos」とはFringe81株式会社が提供している「共に働く仲間と送り合う新しい成果給のカタチ」を実現するサービスであり、すでに多くの企業で導入されています。感謝の気持ちを送り合うだけでなく、そこにピアボーナスという新しい成果給を加えることでより一層社員同士のつながりを強めることが可能になります。


「Unipos」公式サイト https://unipos.me/ja/


ピアボーナスとは社員同士がお互いの成果を褒め合い、インセンティブを送り合う仕組みのことです。Uniposでは感謝の気持ちと少額のボーナスを社員同士で送り合うことができるのです。


社員一人につき1週間で400のポイントが支給され、そのポイントを感謝のメッセージと一緒に相手に送ります。1ポイント=1円となっており、1回の感謝で1~100ポイント程度相手へ送ることができます。


オープンな場で感謝の気持ちと一緒にポイントを送り合うことで、「社員が部署を超えて協力し合うようになる」、「成果を承認されているという実感値が増す」、「事業・サービスに誇りを持つ社員が増える」というメリットが生まれるのです。


感謝の言葉で生まれる社員同士の繋がり

社員が増えていくと、どうしても社員一人一人のことは把握しきれなくなってきます。誰が何をしているのか、誰が人知れず素晴らしい実績を残したのか。部署内では把握できても、部署が違うとわからなくなる。人数が増えれば増えるほどそういったことが起きてしまいます。


社員が増えるほど社員同士の繋がりが限定され、少なくなってしまう。それでは会社としてのチームワークが薄れ、良い環境とはいえなくなってしまいます。だからこそちょっとした感謝の気持ちを伝えあうことで社員同士の繋がりを強化する。そうすることで会社はさらに成長することができます。


率先して周りを助けている人、今までは知らなかった他部署の事、人知れず活躍していた縁の下の力持ち、そういった見えずらいところまで全社員に見えるようになることで、一人一人が会社の色々な面を知ることができ、繋がりを強くしていくことができるのです。


感謝できる人であれ

オールハウスの企業理念に「感謝できるひとであれ」というものがあります。「人の支えがあり自分自身が成り立っている。どんなときにもありがとうと思いやりの気持ちを持とう。」


一人一人が感謝の気持ちを忘れずに、普段なかなか口では伝えられないこともしっかりと伝えあう。そうやって人と人との繋がりを強いものにしていく。繋がりを大切にし、これからも会社のより良い未来を創造し続けます。


RECRUIT 採用情報

オールハウスの未来を背負って立つ、
情熱と気概を持った人材を求めています。

ENTRY エントリー

応募はこちらから受け付けています。
採用情報

年間人気記事


月間人気記事


カテゴリ

オールハウス株式会社

本社
広島県安芸郡府中町八幡1丁目4-23
TEL:082-890-1002
営業時間:9:00~18:00

オールハウスはティール組織を目指します。それは一人一人の価値観が尊重され、仕事と趣味が重なるような働き方を発見することで、情熱と責任のもとに業務が遂行される、そんな組織です。まずは既成概念を破壊し、私たちと一緒に組織を新たに創造して頂ける方を歓迎します。


■外部サイト