Original

【社員インタビュー】お客様へご提案できる設計士を目指して。設計担当 木原

オールハウス社員インタビュー第二回目は、2016年入社の木原さんにお話を伺いました。
建築事業部の一員として主に設計を担当しています。


昔からものづくりが好き

ーー入社前に何をしていましたか?


学校で建築の勉強をしていました。アルバイトは2年間和菓子屋さんで働いていました。他にも派遣登録もしていて試食販売をやったり携帯ショップで店頭案内をしたりもしていました。もともとコミュニケーションが苦手だったんですが、自分で物を作ったりする仕事を将来する為にはコミュニケーション力が必要だと思い、コミュニケーション力を磨くために人と接する事ができるアルバイトをしていました。


ーー建築に興味をもったきっかけはありますか?


私はものづくりが昔から好きで、時期によってマイブームがあったんですね。初めは折り紙でした。一冊本を買ってもらって全部折ったりとかしてました。キッチンを使えるようになったときに料理をやりはじめたり、絵を描いたり工作、手芸などいろいろとやってました。高校3年の時に進学先を探していたんですが、生活デザインというところがあって、そこに模型がたくさんおいてあり、それに携わる仕事に尽きたいと思いました。


事務職ではなく設計をやりたいということに気づいた

ーー入社したきっかけを教えてください。


新卒で入社したんですけど、就職活動では色々な企業を受けていました。始めは広告、雑誌、通販会社、外構屋、ゼネコン、お花屋さんなどですね。そんな中、夏頃にゼネコンの事務職を受けて最終面接まで進んだんですが、その時の面接で志望動機を話したり面接官からの質問に答えているうちに、私は事務より設計をやりたいんだということに気付きました。面接官の方も面接の中でその事に気付いたんだと思います。その面接は結果落ちましたが、その後広島工務店で探したらオールハウスを見つけ、そのまま入社に至りました。


工務店を選んだ理由としては、工務店なら自分のやりたい事の幅や、設計の自由度が上がると思ったし、大手なら決まりが多い分枠にはみ出たことができないかなと思って地元の工務店を選んでみました。


ーーオールハウスに入るにあたっての不安はありましたか?


はじめは設計希望で受けて入社したんですが、実際には営業からはじまったので、お客様相手に営業ができるかなという不安がありました。でも腹を割って話したらなんとかなりました。最初は腹を割って話すということがなかなか出来なくて難しかったですが、次第に自分の中で割り切ってできるようになっていきましたね。



自分がやりたいと思った事ができる環境

ーー普段やってるお仕事と、やりがいを教えてください。


今は設計ですね。主に契約になったお客様をそのまま営業から引き継いで、家の中の詳細の仕様を決めていくということをしてます。例えば内装とか家の細かい仕様を決めていきます。お客様に対してのプラン提案を商談の時に営業と一緒にやったりもします。やりがいは自分のやりたいと思ったことをやらせてもらえること。自由度が高いと思います。何かをやりたいとか、作りたいっていう思いがある人はぜひ来て下さい。


ーーこれからの目標を教えてください。


今は契約になったお客様との話の中で、自分から提案するのではなく、お客様からイメージとか持ってこられたものを具現化しているので、そこを自分からお客様へご提案していけるようになれたら良いなと思っています。



関連記事

【社員インタビュー】建築事業部 設計・ヒロシマ色企画担当 桑原 勇太


RECRUIT 採用情報

オールハウスの未来を背負って立つ、
情熱と気概を持った人材を求めています。

ENTRY エントリー

応募はこちらから受け付けています。
採用情報

年間人気記事


月間人気記事


カテゴリ

オールハウス株式会社

本社
広島県安芸郡府中町八幡1丁目4-23
TEL:082-890-1002
営業時間:9:00~18:00

オールハウスはティール組織を目指します。それは一人一人の価値観が尊重され、仕事と趣味が重なるような働き方を発見することで、情熱と責任のもとに業務が遂行される、そんな組織です。まずは既成概念を破壊し、私たちと一緒に組織を新たに創造して頂ける方を歓迎します。


■外部サイト